「月の都 千曲」で部分月食を見てみよう!

2021年11月19日

 

本日、11月19日(金)は、月の大部分が地球の影の中に入り込む「部分月食」が見られます。

 

長野県では、月の出の時には既に部分月食が始まっており、月が最も欠けて見える、食の最大は午後6時2~3分頃です。

午後7時47分頃には月が影から離れ、部分月食が終わります。


多くの部分月食は地球の影の部分の色は暗いだけではっきりしませんが、今回の部分月食では月の大部分が地球の影に入るため、皆既月食のように食の最大の頃には影の部分が色づいて見えるかもしれません。

 


【豆知識】
月が地球の影の中に入り込む程度(影で覆われる月の直径の度合い)を「食分」という数値で表します。その値が大きいほど影の中に月が深く入り込み、1.0以上で皆既月食となります。今回の月食の最大食分は0.978で、これは月の直径の97.8パーセントまで影に入り込むことを意味し、部分月食としてはたいへん大きな値です。食分の値が大きいことをしばしば「深い」と表現し、今回のような月食は「たいへん深い部分月食」と言います。(国立天文台HPより)

 


千曲市は「月の都」です。ぜひ天体ショーを楽しんでみてください。

 

 

IMG_7139-1.jpg

お問い合わせ

日本遺産推進室
電話:026-273-1111