千曲市歌

更新日:2022年03月30日

千曲市歌が平成22年3月議会で議決され、制定されました。この市歌により、新しい時代にふさわしい市のイメージの創出とともに、市民の皆さんの郷土愛や一体感が一層醸成され、末永く歌い継がれることを願っています。

千曲市歌

作詞:金子双葉
補作:神尾直子(市歌制定委員会)
補作:新実徳英
作曲:新実徳英

1 わが街流るる 千曲川 豊かなる水 よどみなく
新たな潤(うるお)い もたらして 太陽を浴びて きらきらと
さざなみ煌(きらめ)く その流れ
常に勢い あふれたり

2 わが街見守る 山々は
冠着(かむりき)姨捨(おばすて) 一重山(ひとえやま)
新たな風を 巻き起こし
千曲の大地 駆け巡る
光をまといし その緑
常に堂々 そびえたり

3 新たな歴史を 刻みつつ
未来に残そう 温もりを
どれだけ時が 流れても
変わらぬ想い この先も
人々包みし その笑顔
常に希望に あふれたり

千曲市の風景写真がデザインされている「千曲市歌」CDジャケットの写真

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課
〒387-8511
長野県千曲市杭瀬下二丁目1番地
電話番号:026-273-1111
お問い合わせフォーム