【新型コロナ】R4.8.8 市長メッセージ~「医療非常事態宣言」発出に当たってのお願い~

更新日:2022年08月08日

市長メッセージ ~「医療非常事態宣言」発出に当たってのお願い~

 

長野県は、新型コロナウイルス感染症の新規陽性者の急増により、医療(外来、入院)への負荷が増大していることから、8月8日「医療非常事態宣言」を発出し、全ての圏域の感染警戒レベルを「6」に引き上げました。

必要な方が適切な医療を受けられる状態を維持するため、医療への負荷をできるだけ抑制することが重要です。

特に次の点について皆様のご協力をお願いします。

 

1 医療への負荷を軽減するためのお願い

   (1)のどの痛み、せき、発熱などの症状が有る方へ

65歳未満の方、基礎疾患がない方など(重症化リスクが低い方)で、飲んだり食べたりできる、呼吸が苦しくない、乳幼児で顔色がよいなど軽症の場合は、まずは自宅での健康観察をご検討ください。

・あわてて医療機関を受診する必要はありません。外出を控え、市販薬(総合風邪薬、解熱剤など)を服用し、健康観察することを検討ください。

・なお、水が飲めない、ぐったりして動けない、呼吸が苦しい、乳幼児で顔色が悪い等症状が重い場合は、速やかに医療機関にご相談ください。

 受診前には、市販の抗原定性検査キットによる自己検査をできるだけ行っていただくようお願いします。

抗原定性検査キットは「対外診断用医薬品」と表示されたものをお使いください。

 

65歳以上の方、基礎疾患がある方、妊娠中の方、ワクチンの未接種の方など(重症化リスクが高い方)は、速やかにかかりつけ医や身近な医療機関、保健所へご相談の上、受診してください。

 

   (2)重症化リスクが高い方及びその同居者等の方へ
       感染リスクが高い場面・場所をできるだけ避けてください。
 

   (3)ワクチンの追加接種をご検討ください

 

2 感染拡大防止等のお願い

   (1)基本的な感染防止対策を徹底してください

   (2)無料検査等をご活用ください

   (3)食料や市販薬の備蓄をお勧めします

 

感染された方等への誹謗中傷や差別的言動は、絶対にやめ、適切な感染防止対策の継続と状況に応じた適切な行動により、生活や経済を維持するため、市民の皆様のご協力をお願いします。

 

令和4年8月8日

千曲市長 小川 修一

この記事に関するお問い合わせ先

感染症対策室
〒387-8511
長野県千曲市杭瀬下二丁目1番地
電話番号:026-273-1111
お問合せフォーム