【新型コロナ】発熱等の症状がある方や、検査キットで陽性となった方について(1/12)

更新日:2023年01月12日

発熱等の症状がある方や、検査キットで陽性となった方について

発熱等の症状がある方や、検査キットで陽性となった方は図を参考に、今後の対応方法についてご確認ください。なお、これは体調の悪い方の受診を妨げるものではありません。

その他不明点があれば長野県ホームページ(外部リンク)のQ&Aをご確認ください。

医療への負荷軽減のためにご協力をお願いいたします。

  • あらかじめ薬事承認された抗原定性検査キットや解熱鎮痛薬等の備蓄を!
  • 自己検査+WEBでの陽性者登録+自宅療養にご協力を!
  • 医療機関の受診はできるだけ平日の昼間に!

1.軽症かつ重症化リスクの低い方

症状が軽く重症化リスクが低い場合は、できるだけ抗原定性検査キット(薬事承認されたもの)による自己検査をお願いします。

抗原定性検査キットについて(※2)

薬局等で購入することができます。

【新型コロナ】新型コロナウイルスの抗原定性検査キットは「体外診断用医薬品」を選んでください


医療用抗原検査キットを取り扱っている県内の薬局は、下記よりご確認ください。

厚生労働省:新型コロナウイルス抗原検査キットの取扱店舗リスト(外部リンク)

自己検査で陰性になった場合

症状が治まるまで自宅で療養し、症状が続く場合は、できるだけ平日の昼間に医療機関を受診してください。

自己検査で陽性になった場合

小学生から64歳の方で、医療機関の受診や薬の処方が不要であるなど一定の要件に当てはまる場合は、医療機関を受診せずに自宅療養していただくことができますので、必ず軽症者登録センターにオンライン登録していただくようお願いします。
ご登録いただくことにより、健康観察センターでの相談対応や物資の支援等を受けることができます。
要件に当てはまらず医療機関の受診を希望する場合は、下記「医療機関の受診について」をご参照いただき、かかりつけ医等地域の身近な医療機関に電話で相談し、受診してください。

WEB申請での陽性者登録について(軽症者登録センター)(※3)

電子申請により、検査キットで陽性となった方について「陽性となったこと」の申請を受け付けます。申請いただいた情報をもとに、医師による診断の上、陽性判定を行います(無料)。

詳細は長野県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

登録に当たっての留意事項
  • 当センターでは、薬の処方等は行いません。
  • 療養期間を過ぎた後の登録はできません。(検査後すみやかに登録してください。)
  • 医療機関を受診した方、受診される予定のある方は、当センターへの登録は不要です。
  • 当センターで登録された方は、発生届の届出対象外です。
  • 「体外診断用医薬品」、「第1類医薬品」として国が承認した検査キットに限ります。(「研究用」のキットでは申請できません。)

2.症状が重い方または高齢者等重症化リスクが高い方

症状が重いまたは、重症化リスクが高い場合は、速やかにかかりつけ医等地域の身近な医療機関に電話で相談し、受診してください。

重症化リスク因子となる疾患等(※1)は下記のとおりです。
・65歳以上
・悪性腫瘍 ・慢性呼吸器疾患(COPD等)
・慢性腎臓病 ・心血管疾患
・脳血管疾患 ・喫煙歴
・高血圧 ・糖尿病
・脂質異常症 ・肥満(BMI:30以上) ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
・臓器の移植、免疫抑制剤、抗がん剤等の使用その他による免疫機能の低下
・妊娠

医療機関の受診について(※4、5)

かかりつけ医や地域の身近な医療機関に電話で相談し、指示に従って受診してください。

診療・検査医療機関一覧(長野圏域分)(長野市除く)(PDFファイル:129.3KB)

長野市及び他の圏域の診療・検査機関は長野県ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

※受診先に迷った場合は県の受診・相談センター(026-225-9305)にご相談ください。

 

なお、医療非常事態宣言が発出されるなど医療提供体制がひっ迫している期間においては、できるだけ地域の大きな医療機関(地域医療支援病院等の地域の基幹的な病院)の受診は避けて、かかりつけ医等地域の身近な医療機関を受診してください

限られた医療資源を有効に活用し、重症化リスクの高い方々が適切な医療を受けられるように、ご理解とご協力をお願いいたします。

夜間や休日に医療機関を受診する場合

ながの医療情報Netから受診できるお近くの医療機関をお探しください。
また、受診を希望する医療機関には、必ず事前に電話で相談し、指示に従って受診してください。


なお、症状が軽く重症化リスクが低い方は、特に、医療非常事態宣言が発出されるなど医療提供体制がひっ迫している期間においては、できるだけ夜間や休日の受診を避けて、平日の日中にかかりつけ医等地域の身近な医療機関を受診してください

ながの医療情報Net(別ウィンドウで外部サイトが開きます)


夜間の医療機関受診について
夜間救急センター等では、急患対応が優先されるため、場合によっては待合室等で長時間の待機が必要となる場合があります。重症化リスクが低く、症状が軽い方は市販薬で様子をみて、日中に受診することをご検討ください。

受診にあたっての留意事項
  1. 院内感染防止の観点から、必ず電話で事前連絡のうえ受診をお願いいたします。
     
  2. 受診可能日時・人数等、医療機関の状況により、受診できない場合があります。
     
  3. 受診先に迷う場合は、受診・相談センターへご相談ください。
     
  4. 一覧中の「診療」は、発熱患者等の診療のみ対応可能な医療機関であり、必要に応じて検査実施可能な医療機関等への紹介を行います。
  5. 一覧中の「診療+検査」は、発熱患者等の診療と新型コロナウイルス感染症の検査(検体採取含む)いずれも対応可能な医療機関です。

  6. 一覧中の「小児対応」は、掲載に同意をいただいた医療機関のみ「○」と表記しています。

この記事に関するお問い合わせ先

感染症対策室
〒387-8511
長野県千曲市杭瀬下二丁目1番地
電話番号:026-273-1111
お問合せフォーム