未来のために子どもたちが考え、選んだ大型遊具に支援したい ~戸倉に活気を取り戻そう プロジェクト~

更新日:2022年09月16日

『戸倉に活気を取り戻そうプロジェクト』
地元の小学生が地域学習の成果を発表する「戸倉・更級ふるさと物語」において、当時5年生の児童たちが活性化策として公園に大型遊具の設置を提案しました。
千曲市は、提案を受けて児童たちにアンケートを実施し、大型遊具の案を複数提示したうえで話し合いを重ね、児童たちの投票によって設置する遊具を決定しました。
児童たちは、ふるさとの自然の中で、のびのび遊べる公園を未来の子どもたちに残したいという思いを込めて遊具を選びました。
子どもたちが思い描いた「ふるさとの未来」を実現するために、ご支援をお願いいたします。

『戸倉・更級ふるさと物語』とは

話し合いの様子

話し合いの様子

『千曲ふるさと物語の集い 戸倉・更級ふるさと物語』とは、戸倉・更級地区の小学生が地域学習の成果を発表する場として2021年10月に開催したイベントです。
ふるさとを知り、地域に誇りを持ち、ふるさとを愛する心を育みたい、子どもたちの学びをもっと広く知ってもらいたいとの思いから始まった『ふるさと物語』は、「千曲ふるさと物語実行委員会」が主催し、市内各小学校の子どもたち、行政、市民活動団体が一緒になり、2016年度より2021年度にかけ計5回開催されました。

子 どもたちが思い描いた「ふるさとの未来」

子どもたちが遊具名を命名『こどものもり』

現在、元気のない地元の昔はどうだったのだろう?と疑問を持った児童たちが、地域の歴史を学びながら、昔は活気があったふるさと戸倉を知り、人気のある地元の公園に大型遊具を設置して、活気を取り戻そうと考えました。


子どもたちの話し合いのなかでは


・色がカラフルでみんなが楽しめそう。
・遊具の色は緑が多く自然にマッチする。
・小さな子が登りやすく安全。
・公園内にはウサギやヤギがいるので動物の絵があるのがいい。
・ネットに引っかかるので危ないのでは。
などの意見が出ました。
このような意見を参考に、児童たちの投票により決定しました。

投票で決まった大型遊具のパース図を見て喜ぶ子どもたち

設置する公園は子どもたちに人気のある戸倉宿キティパーク

設置場所の戸倉宿キティパークは、天狗のモニュメント(8.08m)や桜、ウサギやヤギの小動物がいる市内でも有数の子どもたちに人気のある公園です。
また、地域学習の成果発表の中で、もう一つの地域活性化策として『顔抜きパネル』を提案いただき、すでに設置済みの顔抜きパネルも人気です。

寄附金の使い道

ご支援いただいた寄附金は、大型遊具の設置費用に充てます。
※目標金額に達しなかった場合でも大型遊具は設置いたします。


事業実施のスケジュール


2022年8月8日:工事開始
2022年10月17日:工事完成
2022年11月1日:大型遊具使用開始

 

寄付については「ふるさとチョイス」(クリックすると外部サイトへ移動します。)からお申込みください。

この記事に関するお問い合わせ先

都市計画課
〒387-8511
長野県千曲市杭瀬下二丁目1番地
電話番号:026-273-1111
お問い合わせフォーム